黙山自福寺 岐阜市で小さなお葬式・お値打ちな家族葬・葬儀は合羽屋へお任せください。

合羽屋(カッパヤ)は岐阜市本町にて創業100余年の老舗の葬儀屋です。安心の全葬連加盟店。お客様のニーズにお応えして、お値打ちながらも心のこもったセレモニーをご提案致します。

HOME提携式場のご案内寺院のご紹介黙山自福寺

黙山自福寺パンフレットを見る

黙山自福寺(もくさんじふくじ)

式場・はなれを利用
〒500-8015 岐阜市松山町13
0120-693-940(年中無休 7:00~22:00)
黙山自福寺

黙山自福寺について

宗教法人自福寺の管理による告別式場・火葬場(ペット火葬も含む)です。
開設以来、幾多の方々の霊を荼毘に伏し、また家族同様に愛着をもってお育てになったペットさんの火葬も親切、丁寧におこなっております。

黙山の由来は、宝暦3年にさかのぼります。黙山元轟(もくさんげんこう)大和尚により、岐阜市中心部にある金華山山麓の清閑な地に金龍山圓林寺が創建。その頃よりこの地名が「黙山」とも称されるようになったようです。その後、圓林寺は廃寺となってしまいましたが、大正15年に牧牛素童(ぼくぎゅうそどう)大和尚を開山とする黙山自福寺が再建され、今日に至っています。

個人向け永代供養墓 ~やすらぎの碑~

将来お墓のお守りが不安な方に

永代供養料35万円
(字彫り代別)

お問い合わせ

曹洞宗自福寺
〒500-8015 岐阜市松山町13
TEL 0120-693-940(年中無休 7:00~22:00)

ペットの葬儀・火葬

最後の時間を ご家族とともに

黙山自福寺では

ペットさんとの最後のお別れを心をこめてお手伝いいたします。
ご希望に応えられるよう、最善の対応をご提案させていただきます。
ご不明な点、ご不安なことがございましたら、何なりとご相談ください。

火葬場は、ペット専用がございます。

お気軽にお問い合わせください

黙山斎場
ペットの葬儀・火葬
黙山自福寺
〒500-8015 岐阜市松山町13
TEL 0120-693-940(年中無休 7:00~22:00)

葬儀サービスのご利用の流れについて

~大切なご家族を丁寧にご供養いたします~

個別火葬 15,000円(税別)~

ご連絡

打ち合わせ
ご希望の日時をご予約願います。

お寺へ移動・受付(お支払い)

火葬
最後のお別れをします。
※僧侶による読経も可能です。
お問い合わせください。

拾骨
お骨を骨壺に収めさていただきます。
※骨壺代は料金に含まれています。

納骨 お持ち帰り(後日納骨も可能です。)

合同火葬 3,000円(税別)~

ご連絡

お寺で受付(お支払い)
予約の必要はございません。

動物霊安室へ
動物霊安室に安置し、最後のお別れをします。

火葬
他のペットさんと合同で火葬いたします。※拾骨はできません。

お気軽にご相談ください

読経…ご希望に応じて僧侶による読経も可能です。
法要…ご希望者には年忌法要も勤修いたします。

※火葬時間は、約1時間~1時間30分です。休憩所にてお待ち頂きます。
※お電話でお伝えした費用以上はかかりません。
※ご精算は現金にてお支払いいただきます。ご了承ください。

大切なペットさんが亡くなったとき

安置のしかた

タオルや毛布などを敷き、静かな部屋の安置してあげましょう。タオルをぬるま湯で湿らせ身体を拭いてあげます。この時ブラシを使って毛並みを整えてあげても結構です。

ご遺体が傷みやすい季節にはお腹を冷やしてあげると良いです。ドライアイスや保冷材などタオルに包んで使用します。(ドライアイス取扱業者を紹介します)

枕飾りと言って亡くなったご遺体の枕元に飾られるお供え物があります。線香・ロウソク・お花です。その他に枕飯(ペットフード)・お水などを供えます。お花は一本花といって一輪だけ花器に飾ります。地域によっては樒を用いる場合もございます。ロウソクに火を灯し線香を1本立てて、静かに合掌し、ペットさんの安らかな眠りをお祈りしましょう。

納棺のしかた

ダンボールのような空き箱を使用してご遺体を納棺してあげます。
下にはタオルや毛布などを敷き、上にはシーツ等をかぶせてあげます。
お花や食べ物も入れてあげて下さい。

合同供養

他のペットさんと一緒に供養いたします。
お骨が交じりますが、埋葬やご供養に関する負担が少なく、お参りしやすいです。

納骨供養

拾骨された方は、一度ご自宅にお骨をお持ち帰りになり、日にちが過ぎた後でも納骨できます。
いつでもご自由にお参りしていただけます。
※別途永代供養量をいただきます。

春・秋 彼岸会供養

自福寺では春と秋の両彼岸会に「動物彼岸会供養」を勤修しております。
大切にされていたペットさんの供養祭です。
お気軽にご参加ください。

▴ page top