合羽屋の歴史 岐阜市で小さなお葬式・お値打ちな家族葬・葬儀は合羽屋へお任せください。

合羽屋(カッパヤ)は岐阜市本町にて創業100余年の老舗の葬儀屋です。安心の全葬連加盟店。お客様のニーズにお応えして、お値打ちながらも心のこもったセレモニーをご提案致します。

HOME合羽屋の歴史

合羽屋の歴史

合羽屋の歴史について母に聞きました

創業者は、佐藤近一・ひろ夫妻
大正の終わりか昭和の初めに創業です。

昭和の中頃(昭和27年くらい)に佐藤勘一郎が2代目として継ぎました。

当時は、土葬で、山に穴を掘りに行く日雇いの方がいらしたそうです。
葬列を組んで、棺を担いで行ったそうです。
行列の提灯に付ける、金の飾りを金型で抜いて作っていたそうです。
受付や、焼香所、忌中札等の印刷物は、型抜きがあって、版画の様にバレンを使って刷っていたそうです。

母が小学生の頃は、今で言う生花の代わりに花輪があって、その花輪に造花を刺す手伝いをしていたそうです。

3代目は、市川幸男
昭和60年くらいにあとを継ぎました。

祖祖父(佐藤近一)が亡くなったのは
平成元年(行年98歳)
祖父(佐藤勘一郎)が亡くなったのは
平成23年(行年95歳)です。

合羽屋の由来

葬儀屋の以前は、雨合羽や紙おむつを売っていたそうです。
その名残で合羽屋みたいです。

▴ page top